くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

毎日献立を考えるのが面倒くさい人必見!家事を楽にする方法

こんにちは。くまのみです。

主婦の皆さん毎日のご飯のお仕度ご苦労様です。

 

献立を毎日考えるの大変じゃありませんか?

 

冷蔵庫にあるものを見ながら、作れそうなものを考えるのも一苦労ですよね

 

食材が足りないとスーパーにも行く必要があるし、キッチンにいるだけであっという間に一日が終わってしまいます・・・。

今回ご紹介するのは献立を毎日考えることから解放されて、食材を腐らせることなく、節約までできる方法です!

我が家では買い物に行くのは一週間に一回だけです。

食費は5人家族(パパ・ママ・長男小学一年生・長女年中・次女2歳)で一か月3~4万円です。
(平均がわからないのですが、少ないほうではないでしょうか?)

我が家が実践している方法は

一週間の献立を月曜日に決めて、必要なものをかき出し、火曜日に買いにいく。

です。

 なぜ火曜日いうと、火曜日がスーパーの特売日だからです。

 

「そんな方法知ってるよ。」

という方もいらっしゃると思います。

でも周りのママ友に話すと「思いつかなかった」と言われたり

知っていても実践していない人がいたので、今回ブログに書いてみました。

 

一週間の献立を決めて買い物に行くとどんないいことがあるかご紹介します!

 

f:id:kumanomi-mama:20190504145349p:plain

 

 目次

メリット

  • 毎日の献立を考えるストレスから解放されます。

  • 献立を考える時間の節約になります。

  • 買い物に行くのが一週間に一回なので、週に2回以上買い物に行っていた人なら空いた時間で自分の好きなことができます。

  • 食材を腐らせずに使い切るので環境にいいです。

  • 「明日もこの野菜使うしついでに切っておこう」ということができます。
    (翌日の家事が楽になります)

  • 子供のお昼ごはんがいる前の日はおかずをたくさん作る予定にし、お昼ご飯を作らなくていいようにできます。

  • 忙しい日の前日はカレーにして、次の日もカレーにして忙しい日を乗り切れます。

  • スーパーに行く日が少ないので、ついつい買ってしまうのを防げて、節約になります。

デメリット

  1. 家族の誰かが体調を崩した時(風邪をひいたり、お腹を下した時など)は、体調にあわせた献立を考える必要があり、食材がない場合は買いに行かなければなりません。

  2. 一週間分も献立が思い浮かばない時があります。

  3. 今週は牛乳や食パンなどいつもよりたくさん食べて、一週間もたないかも・・ということもあります。

 

デメリットへの対策

  1. 体調をくずした時のために冷凍うどんは常に冷凍庫にある状態にしています。

  2. 子供の食べるものリストを作り、そこから自分の作りたいものを選んでいます。

  3. パンは多めに買って冷凍しておきます。
    牛乳は料理に使う予定がなければ、次の買い物日までは牛乳無しで過ごしたり、コンビニで買ったりしています。

 

まとめ

一週間の献立を決めて買い物に行くと

  • 献立を毎日考えなくてよくなる

  • 節約になる

  • 時間に余裕ができる  などいいことがたくさんあります。

私は、いつも行くスーパーが火曜日が安いので、火曜日に行くことにしています。

お近くのスーパーの特売日に合わせて、買い物に行く日を決めると、さらに節約できますよ。

 

毎日の家事の参考にしてもらえるとうれしいです。