くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

子供の宿題。親の関わり方を考えてみた

「子供の宿題」にどのように関わればいいか、悩んでいませんか?

 

全く関わらないのはダメな気がするし、あまりにも口出ししすぎるのもいけない気がします。

どれが正解かわからないのが、子育ての難しいところ。

子供の性格によっても違いがあり、1人でやる子もいれば、なかなかやらない子もいます。

 

我が家も最近、子供の宿題で「困ったな・・」と思うことが増えてきたので、これからどのように関わっていくべきか考えてみます。

 

f:id:kumanomi-mama:20190719102343p:plain

 

 

宿題の量

「小学一年生は、10分で終わる量を目安に、宿題を出しています。」

と、入学式の日に説明がありました。

 

4月は学校が始まったばかりなので、まだ宿題は出ませんでした。

(1年生だけ宿題無しで、2年生以上は宿題出ていたみたいです。)

 

5月から宿題が始まります。

内容は、国語の教科書の音読と文字の練習ドリル1枚。

 

f:id:kumanomi-mama:20190719095502j:plain

f:id:kumanomi-mama:20190719095540j:plain


6月から、音読と文字ドリルに加えて、算数の宿題も始まりました。

 

内容は、

「6は1と5 6は2と4 6は3と3・・・」

と言うように、数がいくつといくつでできているかを考える内容。

6から10まであります。

 

ノートに書くのではなく、口で言えばいいので、音読のような感じです。

 

7月になると、この算数の宿題が「足し算カード」に変わりました。

 

f:id:kumanomi-mama:20190719095525j:plain

一枚一枚声に出して、計算していきます。

全部で50枚くらいあります。

 

 長男の場合、20分ほどで全部終わります。

 

しかし時々、文字ドリルのやり直しが返却されると、宿題の量が倍くらいに!

 

f:id:kumanomi-mama:20190719095600j:plain

こんな感じで直されるので、消しゴムで消して、全部なぞって提出します。 

 

困っていること

やり始めて、5分もせずに怒り出します。

「あーもうできない!」とイライラしながら、

消しゴムで消しては書き、でもイライラしているから上手に書けず・・・

余計にイライラしていきます。

 

雑にやる

文字の練習をやるのですが、「とりあえず書いとけー」という感じでやるので、字が汚いです。

私は「やってる意味あるかな?」と思います。

結局、後日たくさんの書き直しをやらなければならないので、もっと丁寧にやればいいのに・・。

 

私が「宿題やろうね」と声をかけないとやらない

「宿題いつやるの」と聞くと、「今から」と言ってやりだします。

 

宿題があること、忘れてる?

 

私が言わないと、寝る前までやらないこともあります。

 

時々、宿題をやるのを忘れて行きます。

「どうしたのかな?」と思って聞くと

「学校に着いてから、朝の会が始まるまでにやった」と。

 

せめて寝る前までには、思い出してほしいです。 

 

5月から6月の子供の様子

5月から宿題が始まったのですが、長男にとっては人生初めての宿題です。

お兄さんになったような気持ちがして、嬉しそうに宿題に取り組んでいました。

 

また、最初の頃は、「く」や「て」のような、簡単な文字練習だったので、取り組みやすかったというのもあり、楽しそうにやっていました。

 

6月に入ると宿題に対するワクワク感が、5月よりも薄れてきます。

 

宿題はやっています。

しかし、5月は帰ってきてからすぐやっていたのに、6月はお風呂後(18時半くらい)にやったり、夜ご飯後(19時半くらい)にやったりと、だんだん宿題をやる時間が遅くなってきました。

 

遅くなってくると、眠さや疲れから、宿題をやっている時にイライラし始め、文字の宿題はとても雑でした。

 

練習する文字は「お」や「み」などのちょっとバランスが難しい文字。

長男にとってこの文字はとても苦手らしく、なかなかお手本通りにかけず、イライラに拍車をかける結果に・・。

 

消しゴムで消すと、うまくかけた文字まで消してしまったり・・

ドリルが涙と鼻水でぬれて、破れてしまったり・・・

悲惨な状況が、毎日繰り広げられていました。

 

音読と計算の宿題は忘れがちになり、週に1,2回忘れて行くこともありました。

 

5月から6月の私(母)の様子

5月は帰ってきたら、「今日はどんな宿題でた?」と聞いたり、「宿題やろう」と声をかけていました。

 

6月前半は、ほとんど「宿題やろう」と言わず、宿題も見ていませんでした。

 

宿題やろうと言わなくても、勝手にやっていて(私がお風呂に入っている間にやっていたり、ご飯づくりに集中している時にやっていたりしました)

寝る前に確認する(宿題をやったかどうか)くらいしか関わっていませんでした。

 

6月後半ごろから、長男が宿題中にイライラしていることに気づきます。

「帰ってきてすぐやればよかったのに!」と怒ったり

「頑張れ!」とか励ましたりしていました。

 

しかし状況は悪くなる一方・・。

 

音読をやらずに学校に行ったこと、気づいていました。

 

学校で、みんなが音読をやってきているのに、自分だけやっていないという状況になれば、恥ずかしいと思って、積極的にやるようになるかな?と

 

痛い目を見て、改心することを期待していました。

 

しかし私の目論見は外れ、もっとやらなくなるという状況に。

 

音読をやらない日も増えてしまいました。

 

1年生の6月でこの状況はやばいな・・と私(母)も思い始めます。

 

原因と対策を考えてみる

宿題が面白くない。飽きてきた 

当たり前ですが、毎日やっていると飽きます。

 

そして、宿題をやったところで、何もいいことがない。

 

誰にも褒めてもらえないし、クラスの中で1番になったりすることもない。

友達から「すごいねー」なんて言葉がもらえることもない。

 

主婦に例えていうと、「ご飯づくり」みたいなものでしょうか。

 

毎日頑張っているのに、ほめてもらえないし、むしろやって当たり前な雰囲気があります。

ご飯を作らないと、怠けているような感覚に陥ります。

 

「え?作ってないの」とか

「今日これだけ?」とか言われて、イラっとすることも。

 

全然楽しくないですね。

 

こんな気持ちの1年生に、宿題をやらせることのほうが難しいのではないでしょうか。

 

対策

「宿題をやったからおもちゃを買う」なんていうような、すごいご褒美を上げることはできません。

 

しかし、せめて出来上がった宿題を見て、

「お!!だんだん上手になってきたね」とか

「全問正解だ!すごい」とかぐらいは、言ってみようと思います。

 

長男の学校は、土日は宿題がないので、金曜日は宿題やらずに、土曜日にやったりして、宿題お休みの日をつくることにします。

(私も「今日は、家事何もやらない!」ってお休みしますしね)

 

あとは、書き直しのプリントを消しゴムで消すくらいは手伝ってみようと思います。

何から何まで全部やる!となると、疲れますもんね。

(私も「今日はレトルトカレーね」と手を抜いたりしますし)

 

習慣になっていないから

宿題が始まってまだ2ヶ月。

勉強する習慣がついていません。

 

ついつい遊びたくなります。

おもちゃで遊んでいる妹たち(4才2才)がいますしね・・。

 

1人になるのが怖い長男。

なかなか別室で、1人で勉強できません。

 

対策

帰ってきて、おやつを食べたら、宿題の時間にする。

机の上を片付けて、宿題がやれるようにする。

妹たちは、離れたところで、遊んでもらう。

 

2年生になる頃には、習慣になることを願います。

 

私の関わりが少なすぎたから

5月頃は「今日はどんな宿題?」と聞いていたのに、

6月終わりになると、寝る前に「宿題やった?」しか言わない状況になっていました。

 

これでは長男も宿題をやる意味が見いだせませんね。

 

対策

宿題の内容を、一緒に確認する。

宿題をやっている間も、様子を見たり、間違ってないか見守る。

やり終わったら「今日も頑張ったね!すごい!」と言う。

 

怒り出した時に、私も一緒に怒ってしまっていたから

長男が怒りだすと、どうしても私もイラっとしてしまいます。

 

だけどきっと、長男も怒りたくて、怒っているわけではないはず!

宿題が上手くいかないことへのイライラをどうにかしたくて、大声を出しているのかな。

 

私も、イライラしてもどうにもならないけど、「イライラするー!」と言ってしまうことがあります。

ため込むよりも、声に出したほうが、ストレスも軽減するのかな?

 

対策

私はイライラしている時は、人と話したくありません。

 

なので、長男がイライラしている時は、話しかけるのをやめてみました。

(「ママ〇〇して」と、話しかけてきた時は、対応します。)

 

すると・・・

 

長男、イライラしながらも宿題をしている!!

 

 

「あーー!もう上手く書けない!」と、怒りながら消しゴムで消し、

 「もう嫌だー!」と、言いながら丁寧に書いています。

 

ちゃんとやってるじゃん。

 

親が関わりすぎるの良くないな。と気づいた瞬間でした。

 

 

まだこれから「夏休みの宿題」という大きな山が待ち受けています。

毎日コツコツやれるか心配・・。

 

習慣づけれるよう、頑張ります。