くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

子供の虫歯。親がやれること。

こんにちは。

くまのみです(^^)/

 

我が家の長男、長女、虫歯によくなります。

 

「虫歯があります」と歯医者で言われるたびに、親の責任ですと言われている気がしていました。

そして、すごーく落ち込んでいました。

 

そんな我が家の長男、長女の虫歯のことや、虫歯の治療について記録もかねて書いておこうと思いました。

 

f:id:kumanomi-mama:20190507134834p:plain

 

目次

 

虫歯の状況

2018年5月

長男(当時5才)虫歯7本

長女(当時3才)虫歯4本ありました。

虫歯の治療は、2か月(週に1回通う)くらいかかりました。

 

2019年5月

長男(6才)虫歯1本

長女(4才)虫歯1本

見つかりました。

これから歯医者で治療していく予定です。
 

我が家の子供たち、チョコや飴が好きです。

しかし、虫歯になりやすいと知っているので、週に1回くらいしかあげていません。

おやつの時間も3時だけにしています。

毎日夜に、仕上げみがきと歯間ブラシをやり、

3か月に1回は歯医者でフッ素をぬってもらいます。

 

私は虫歯にならないように頑張っているつもりですが、それでも虫歯になり、

私の責任だ・・・とおちこみます。

 

虫歯の治療

長女の虫歯は3才児検診で見つかりました。

検診時の歯医者の先生には

虫歯はあるけど、僕(先生)はこの程度なら治療はせず、様子をみる

と言われました。

後日、通っている歯医者に行くと

 ・歯を削って治療するか

虫歯の進行止めを塗るか

と言われました。

 

私は歯医者の先生によって、治療の仕方がずいぶん違うことを知りました。

そして虫歯の治療法が「削る」だけではないことも知りました。

 

通っている歯医者の先生からは、

「治療の間おとなしくできるなら、歯を削り虫歯をなくしましょう」

とすすめられたので、削る方向で治療をしました。


長女は当時3才だったので、先生も気を使ってくれて、長女の意思を尊重してくれました。

 

長男は当時6才だったので、先生は

「お兄ちゃんは、きっと治療できるから削りましょう。」

と即決( ´∀` )

 

私は通っている歯医者の先生が信頼できるので、他の歯医者にはいったことがありません。

 

 

私がこの歯医者に通う理由。

それは「子供の虫歯は親の責任です」と言わないからです。


虫歯が見つかった時は、軽い感じで

「ここ虫歯だねー。治療しようか。」

とさらっといいます。


だから私もショックを受けずにさらっと「お願いします」が言えます(^^)/

 

もしこのブログを読んでいるママやパパが、通っている歯医者の先生に疑問を持つことがあるのなら、違う歯医者に行ってみてもいいと思います。

 

いろんな先生がいるので、自分に合った先生に診てもらうのが一番です。

 

まとめ

「こどもの虫歯」でネット検索をすると、「子供の虫歯は親の責任だ」という情報がありました。


だけど私が通う歯医者の先生、父母、義父母からも「親の責任だ」と言われたことはありません。


私にとって、周りの人から「親の責任」と言われなかったことは救いでした。

周りから言われなくても

「甘いもの食べさせたから」

「歯磨き嫌がっても、もっとしっかりやればよかった」

など自分を責めていたので、

「私の責任だ」と言われたら、すごーく落ち込んで、歯医者に行くのも嫌になっていたかもしれません。

 

たしかに、親の責任もありますが、どれだけ頑張って気をつけていても、虫歯になる時はなります。

なので、親は必要以上に自分を責めないでほしいです。


虫歯をどうやって治療していくかということを歯医者と一緒に考えればいいのです!


私も「なったものはしょうがない!」と思い、悩まないようにしています!!

 

これからまた虫歯の治療が始まります。

親子でがんばります!!