くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

子供の歯の矯正~下の装置が入りました~

f:id:kumanomi-mama:20191029135551p:plain

 

10月19日、下の奥歯にゴムを入れてから10日後、

下顎に装置が入りました。

 

顎を広げる装置に加え、「リップバンパー」という「唇の力で奥歯を動かす」装置が入り、歯の内側にも外側にも装置が入った息子。

f:id:kumanomi-mama:20191029133256j:plain


 

来週は上顎にも装置を入れるため、上の奥歯のすき間を広げるため、ゴムを入れました。

 

息子の様子

口の中に装置が入り、とても違和感を感じている様子。

気になるし、口が閉じにくいし、しゃべりにくいし・・・とても辛そうでした。

 

帰り道

「ぼく、こんなことになるなんて思わなかった・・・」

と息子がぽつり。

「矯正始めたこと後悔しているのかな・・・

やらなければよかったかな・・・」

と、始まったばかりで心が折れそうな母です。

 

お昼ごはんは、パン・ポテトサラダ・野菜ジュースを食べました。

 

そして装置が入ってから3時間後。

 

「ママ、痛い・・・」と泣き出す息子。

痛み止めを飲んで、少し落ち着き、疲れたのか眠ってしまいました。

 

起きてからは痛みも治まった様子で、遊んだりテレビを見たり、いつも通りに過ごせました。

 

夜ご飯は、パンとバナナ。

 

この日は焼うどんにしたのですが、「噛むと痛い」らしく、食べれませんでした。

 

次の日、朝はパン・バナナ、昼はラーメン、と柔らかいものを食べて過ごしました。

 

装置をつけて3日目は学校です。

給食が食べれるか不安だったのですが・・・

「少し痛かったけど食べれた」という息子の言葉に一安心。

 

この日から、だいたいの物は食べれるようになりました。

 

リンゴやナシも、薄く切れば食べれます。

グラノーラも牛乳入れたら食べれます。

(しかし細かい食べかすが装置に引っ掛かり、その後の歯磨きが大変でした(;^_^A)

 

まとめ

装置をつけて3時間後から痛みがでました。

2日目が食べるのが一番辛そうでした。

5日目くらいまでは、歯磨きでごしごしやると「痛い」と言われました。

1週間で、歯磨きや装置が口の中に入っていることに慣れて、しゃべるのも普通になりました。

 

次回は1週間後に行きます。

そして上顎にも装置がつきます。