くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

子供を連れて夜の長距離ドライブ。子供は寝てくれるのか?

実家が遠いと、子供を連れての帰省が大変ですよね。

お金もかかるし、時間もかかる。

帰省の日に合わせて、体調管理もしないといけないし・・。

 

子供を連れての遠出は、予想外のハプニングもありますしねΣ( ̄ロ ̄lll)

 

今年の夏休みは、愛知県から実家の福岡まで、車で帰省しました。

 

今までは、飛行機や新幹線、フェリーといろいろな交通手段で帰省していましたが、車で帰るのは初めてです。

 

その距離は約750kmで、予想時間は10時間越え。

 

今回の長距離ドライブで、私が心配したこと、用意したもの、当日の子供の様子をお伝えします。

車での長距離移動を考えている方の、参考になると嬉しいです(*^-^*)

 

f:id:kumanomi-mama:20190906141436p:plain

 

 

私が心配したこと

今回は、夜の出発にしました。

「夜8時に出発して、翌朝9時くらいに到着できるといいな」と考えていました。

 

夜のドライブは、「子供が寝てくれること」が大前提。

 

しかし、そんなに都合よく寝てくれる!?!?

 

「寝れない!!」とか「まだつかないの?」など、夜中ずっと言われ続けるのは避けたいところ。

 

「自分たちが運転できるかな?」という不安よりも、

「子供たちが寝てくれるか?」という不安のほうがとても大きかったです。

 

用意したもの

「子供に寝てほしい」この願いを込めて、いろんな準備をしました。

 

〇車用カーテン

トンネルの中、隣を走る車のライト、街灯などの明かりが

寝ていると結構まぶしく感じます。

実際に車で走ってみて、カーテンつけててよかったと思いました。

子供たちもよく寝ていました。

 

〇ネックピロー

子供は使用しませんでしたが、大人が使いました。

私はこれがないと眠れなかったかも。

 

交代で運転したので、夫が運転している間しっかり眠れてよかったです。

 

〇枕にもなるアンパンマンのぬいぐるみ(2個)

長男と長女が使っていました。

枕として使ったり、体と座席のすき間につめて、体を固定するのに使ったりしていました。

 

〇タオルケット(3枚)

あまり使用しませんでした。

ただ、長女はタオルを触りながら寝る習慣があるので、長女の寝入りばなに活躍していました。

 

お子さんの寝るときに安心できるものがある場合は、持って行ってあげると、すんなり寝てくれるかもしれませんね(*^-^*)

 

〇酔い止め

我が家は、私以外は車に酔うことはありません。

(私も運転していれば酔わない)

 

しかし今回は、12時間の長時間ドライブ。

「もしかしたら酔うかも?」と心配になり、一応買っていきました。

 

結果、使用はしませんでしたが、薬があるだけで

「もし酔っても、薬あるし大丈夫!」と安心できました。

 

〇子供をクタクタに疲れさせる

出発する日はなるべく外で遊び、昼寝もしませんでした。

 

2才の次女はさすがに疲れたのか、夕方6時ころ座ったまま寝ていましたが、

10分ほどで起こして、出発の8時までは起きていてもらいました。

 

そのおかげか、3人とも移動中8割は寝ていました!

 

車の座る位置や子供のチャイルドシートの話

我が家の車は、VOXYの8人乗りです。

こんな感じで乗りました。

 

f:id:kumanomi-mama:20190906144930j:plain



長男は7才なので、チャイルドシートはなし。

 

長女(4才)は、出発時は「エールベベ サラット3ステップ」を使用していましたが、

途中で「リーマンジュニア3」という座面だけのチャイルドシートに変更しました。

 

次女(2才)は、新生児の時から使用している「エールベベクルットNT」です。

 

長男と長女の足元には、足が伸ばせるように荷物をセット。

 

背もたれは完全にフラットではなく、少し傾きが残るくらいに倒しました。

 

走行中の様子

8時頃に出発して、子供たちは9時頃に寝ました。

11時半まで私が運転し、休憩して、夫に運転を交代。(この時、兵庫県でした)

休憩した時に長男は目が覚めましたが、外の景色をみて、静かに過ごし、

またいつの間にか寝ていました。

 

3時過ぎまで夫が運転し、休憩。(広島県

私は、夫の運転中、寝ていました。

この休憩で子供たちが3人とも起きたので、みんなでトイレ休憩。

 

その後、6時過ぎまで私が運転し、休憩。(福岡県)

 

最後に1時間ほど夫が運転し、実家に無事到着しました!!

 

走行中の子供たちは・・・

夜中に目が覚めても、長男と長女は泣いたり、機嫌が悪くなったりすることがなかったです。
外の景色を見て「あー夜だねー」と言い、いつもと違う状況を楽しんでいました。


2才の次女は、夜中に何度か泣きました。


2分くらいで泣き止む(再び眠りに落ちる)感じです。

泣くたびに、「次サービスエリアで止まったほうがいいかな?」などと心配しましたが、「泣き止まない!どうしよう!?( ;∀;)」という状況にはなりませんでした。

子供が泣き続けることは、運転に支障をきたすので、本当に泣き続けなくてよかったです。

 

予想外の困ったこと

〇長女のチャイルドシート

長女のチャイルドシートですが、途中で交換しました。

なぜなら、走り出して30分頃、長女が

「お尻が痛い」と言いだしたからです。

 

見てみると、チャイルドシートの座面と背面のジョイント部分が、寝ていると腰のところにあたっています。

タオルケットをシートと腰の間にはさんで、対処してみましたが、どうにもよくならなかったので、座面だけのチャイルドシートに変更しました。

 

 〇2才の次女の寝汗がすごい

次女は、新生児から使用できるチャイルドシートに乗っていました。

そのチャイルドシートが包み込むような作りになっているからか、寝汗がひどく、背中がびっしょり!

 

休憩のたびに着替えました。

実家に帰る予定だったので、洋服はたくさん持ってきていたのでよかったです。

 

ただ荷物をトランクから出して、着替えを探していたので、もっと取り出しやすいところに用意しておけばよかったと反省。

 

〇夜間の高速道路は工事が多い

夜間の高速道路では、工事が多く、その度に右へ左へと車線を変更しなければなりませんでした。

それに加えて大きなトラックもたくさん走っているので、車線変更に神経を使いすぎて疲れました(;´д`)

 

よかったこと 

 

〇夜中なので昼間ほど暑くない

昼はいくら車のエアコンをつけても、太陽の光が当たるだけで結構暑いですι(´Д`υ)

 

だけど夜は日光がないので、エアコンの効きもよく、車内は快適でした。

 

〇子供のトイレ休憩が一回だけでよかった。

夜は、食べたり飲んだりすることがないので、子供がトイレに行ったのは1回だけでした。

3回休憩しましたが、子供と一緒にトイレに行った休憩以外は、5分くらいで出発できて、休憩による時間ロスがなくてよかったです。

 

まとめ

夜中の長距離ドライブは、想像していたほど大変ではなかったです。

多分来年も車で帰ると思います。

 

なんといっても、子供が熱出してもキャンセル料がかかりません!!

(実は今回、長男が出発予定日に熱を出したので、一日遅れでの出発でした。)

 

ただ「夜中に子供が寝てくれる。もしくは起きていても静かにしてくれている」場合に限ります。

今回、もし誰かが泣き続けたり機嫌が悪かったりしたら、「来年からは車では帰省しない」ってなると思います。

 

今回、長男と長女には、前もって夜の長距離ドライブについて話しておきました。

 

「何時間も車に乗らないといけないこと(30分アニメが20回分くらい)」

「夜なので、真っ暗であること」

「車に乗っている間は寝ること」

「もう嫌だ!ってなっても、到着するまではどうにもできないこと」

など。

車でのデメリットをいろいろと説明しましたが、

「それでも車で行きたい!」と、子供は納得してくれました。

 

そうやって、子供にイメージさせておくのもお勧めです。

 

これから子供を連れて、長距離ドライブを考えている方の参考になれば嬉しいです(*^-^*)