くまのみママの育児ブログ

33才の専業主婦です。3人の子どもを育てています。(現在1才4才6才)育児や家事についてのブログです。

旦那の実家に行くときに気を付けていること

こんにちは。

くまのみです。

 

 

長期連休は、実家に行く人も多いのではないでしょうか。

旦那の実家に行くのは、気を使いますよね。

我が家の旦那の実家は車で10分の距離です。


今回は、私が旦那の実家にお邪魔するとき、気を付けていることをご紹介します。

 

f:id:kumanomi-mama:20190504152057p:plain

 

目次

 

 

午前中で帰る

長男が4才くらいまでは、お昼を食べて2時くらいに帰っていました。


だけど、この時間ちょうどお昼寝タイムなので、帰りの車で寝てしまいます。


そして、車から布団への移動で起きてしまい、寝起きの悪い長男・長女は泣き続け、大変でした。


昼食後はどうしても眠くなってしまうので、お昼は帰ってきてから家で食べることにしています。


義母も昼食のことを考えなくていいので、お互いに楽かなと私は思っています。


あと、お昼寝の時間に私がのんびりできます。

スーパーで買えるお菓子を持っていく

私はいつも300円くらいの箱アイスやお菓子を持っていきます。

1000円以上の包装されたお菓子を持っていくと、義母がすごく気を遣うからです。

かといって、手ぶらで行くのも気が引けます。

スーパーでよく見るお菓子なら義母も受け取りやすい様子。

そして、義母もよくスーパーで安くなってたからと、チョコやポテチをくれるので、お互いにスーパーのお菓子を渡しあうのが習慣になっています。

お正月だけはデパートのお菓子を持って行っています。

 

暖かい格好で行く

冬の時期(11月から4月)は我が家で過ごす洋服よりも、一枚多めに着込んでいきます。


なぜなら実家は山の上で結構寒いからです。


しかし、義母は毎日生活しているからか、その寒さに慣れていて、冬でも暖房つけずに過ごしています( ゚Д゚)

 

私たちがお邪魔するときは、暖房をつけてくれるのですが、設定温度が16度・・


寒い・・・


寒いけど、他人の家の暖房温度を、勝手にいじる度胸はありません。


そこで、腹巻して、ヒートテック2枚着て、もこもこのアウターを着ていきます。


子供たちも一枚多めに着せていってます。

 

子供の水筒を持っていく

実家あるあるだと思うのですが、子供用のプラスチックのコップはありません。


ガラスのコップは割ってしまうと大変なので、子供たちは自分の水筒を持っていきます。

 

 

旦那が仕事の日に行く

私は旦那の実家に行くときは、旦那が仕事の日にしています。


理由は、旦那が土日休みではないため。


そしてもう一つの理由は、旦那が実家で寝てしまい、帰るタイミングが分からなくなるからです。

 

旦那は実家に行くといつも寝ます。


義母が「仕事で疲れているのね」と優しい言葉をかけているのを見ると、

「そろそろ帰ろー」と起こす私は、義母から鬼嫁だと思われるんじゃないか!?と考えてしまい、なかなか起こせない=帰れないのです。


旦那と一緒に行っていたときは、昼ご飯もご馳走になっていたので、いつ帰ったらいいかわかりませんでした。


でも帰って夜ごはんの準備もしなきゃいけないし、私もだらだら好きなテレビ見たい・・

 

こういった経緯から、実家に行くときは、旦那が仕事の日に行くようにしています。
(お正月は旦那も一緒に行きます)

 

まとめ

私は、義母と仲がいいほうだと思います。

お互い世間話をしだすと、止まらなくなり、あっという間に時間がたっています。


それでも、やはり旦那の実家に行くのは気を使います。

 

昼食時には家に帰ることにしてからは、帰るタイミングで迷うことがなくなりました。


義両親との関係の参考になればうれしいです。